癌治療

抗がん剤の副作用で食欲不振、だるさ、白血球数値の減少などを体の免疫力をあげることで軽減、改善します。
抗がん剤治療は陽気(ようき)を傷つけます。
そのために気・血・津液を補う治療が必要になってきます。

痛みに対しても有効なこともあります。
東洋医学では癌は瘀血(おけつ)とされているので治療によって瘀血を用いて取り除いていきます。
瘀血があることで血流障害を引き起こし痛みの原因にもなっています。

体の免疫力をあげることを最優先しております。