当院のご案内

【初めて鍼灸治療をご利用いただく方へ】

鍼治療は痛いものだと思っていませんか?
痛みを我慢しなくては効かないのではないか・・・
そんな不安がありましたら、どうぞご相談ください。

当院の鍼は、ほとんど痛みを感じません。
患者様の体質やその日のお体の状態に合わせて、ごく微細な鍼や刺さない鍼を用意しています。
ひとりひとりに合わせた効果のある施術をご提供致します

当院は東洋医学の四診(ししん)を駆使して鍼灸治療です。

治療道具の一部をご紹介します。

使用している鍼

sejyutu1

ディスポ(使い捨て)を使用しています。
鍼の素材はステンレス、銀、金で用途によって使い分けています。

てい鍼

sejyutu2
ツボに刺さずに優しく治療するときに使用します。
気を補う時に使いますが、気の停滞を流したり、熱が多いところを冷やすこともできます。
金、銀、銅、アルミ、チタンなどいろいろな素材があります。

お灸

sejyutu1
目的によってもぐさの種類を変えて使用しています。
気を補うお灸、血を増やすお灸、気の停滞をとるお灸、炎症をとるお灸などいろいろな種類があります。

WHOが鍼灸療法の有効性を認めた病気として、以下ものを挙げています。

神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

代謝内分秘系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎(ED)

婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

院長紹介

施術の流れ