アトピー

臨床した治験を用いて東洋医学的に説明させて頂きます。

30代 男性

某病院の皮膚科で1週間ほど入院してアトピー治療するも改善しない。

痒みで皮膚はボロボロに剥げている。

(脈診)浮弦 とても強い。左尺沈虚、右尺浮弦

この方は腎の津液が不足して、虚熱が体中に巡っているのです。

体の内部のいたるところで熱が溢れています。

その余分な熱で皮膚に痒みが出ているのです。

腎を補って虚熱をとることを最優先にしました。

治療を続けていくうちに、痒みと皮膚が剥げるのが軽減してきました。

菓子パンが好きでよく食べているので、減らすようにお願いしました。

過度な甘味、油は体に熱をもたせて痒みを増長させます。

わかりやすいようにイラストにしてみます。

腎

生まれつき腎が弱い人、過労しすぎて腎が弱ってきた人は腎の虚熱が発生してきます。
その熱が体の内部を巡ります。
そして皮膚にも波及します。

皮膚

熱が皮膚を焦がして痒みがでます。
お布団で温まったり、熱いお風呂に入っても悪化することがあります。
カレー、甘味などの体を温めるものを食べても悪化します。

これとは逆に寒い時に悪化するアトピーもあります。
あくまでもこの方の場合です。
ご自身がどのタイプかは四診してわかりますのでケースバイケースです。