不妊・婦人科

生理周期の乱れ

生理周期の乱れは、生理を起こす2種類の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌バランスが乱れることで起こります。
女性ホルモンの分泌バランスが乱れる原因には、以下のようなものが挙げられます。
ストレス
過労
睡眠不足
ダイエット

特に今の女性は仕事、ストレスのある生活をしていることが多く、ホルモンバランスの崩れがあります。
子宮や卵巣にも血流が悪くなり、卵の育ちが悪くなり生理周期が長くなることもあります。

 

自然妊娠を希望の方
自然妊娠するには体の底力をアップさせる必要があります。
ストレス、仕事での過労、食生活などが影響します。

高齢不妊の方
鍼灸をすることで子宮、卵巣に栄養がいき卵の質の向上にもよい影響があります。
西洋医学の薬の効きも良くなることがあります。

卵の質をあげるには
卵の質を上げることで着床率も良くなります。