声がでない 咳がとまらない

脈をみると沈んで弱脈。

脈で肺と脾の診断する部分が極端に弱い。

肝虚陽虚(かんきょようきょ)という肝と腎のエネルギー不足が原因。

精神疲労で血がなくなってしまい肝の疏泄作用が低下して、太陰経(たいいんけい)の流れも悪くなっている。

太陰経というのは肺と脾の経絡(けいらく)で本来は気を発散する経絡であるが、発散するだけの力がなくなっているので咳をしている。

声がでないのは腎虚(じんきょ)の影響である。

肝と腎をパワーアップさせて太陰経の流れをよくしたら声が出始めて咳も軽減してきました。

初出 2018.04.24

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる