不妊症、情緒不安定、冷え性、腰痛 女性 37歳

結婚後なかなか子どもが出来ませんでした。
年齢の事もあり、病院で検査をすると高プロラクチン血症と診断されました。
薬の服用後体を休める事なく人工授精3回、体外受精3回を行いました。
毎月治療を続けるうちに、子どもの声や姿を見るたびにイライラや悲しみが強くなり、情緒不安定になりました。
そんな時に鍼灸が不妊治療に良いと知り、次が駄目なら子どもを諦めようと決めて、吉澤先生の所へ通う事にしました。
吉澤先生から「妊娠力はありますが、体が疲れすぎているから休んだ方が良い」と勧められましたが毎月治療を続けないと子供に会えないと強く思い込んでおり治療を休むことに不安や焦りがありました。
しかし、吉澤先生と話すことで、一度ゆっくりと心と体の回復を考えるようになりました。
それから治療のことを考えず半年間しっかりと鍼灸で心と体を整えてもらったことで今回無事に赤ちゃんを授かることができました。
子供をあきらめずに信じ、妊娠中の出血、体調トラブル、逆子など吉澤先生と鍼灸に支えながら通い続けてよかったです。
ありがとうございました。
二人目も考えているのでその時はまた通いたいと思っています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次